残クレとは

残クレとは?

残クレとは、残価設定型クレジットの略
「数年後に売る価値の分を差し引いた金額でローンを組むことができる」
という残価設定型クレジットのことを言います。

 

月々の支払いが軽くすむ新しい買い方ですから、気軽に購入できます。

残クレと普通のローンとの違い

ミニバン,残クレ

購入した新車の3年から5年後の下取価値をあらかじめ算出し、
新車の価格から査定の差分を差し引いてローンを組むので、
月々の支払い金額は安くなるというメリットがあるのが残クレです。

 

通常のローンよりも毎月の支払金額は少なく設定することが可能です。

 

高額車両を購入するときには便利な支払い方法ですが、
買取価格分を支払最終回のときに再分割するか、
下取りして新車を再び買うかを決めることもできます。


残クレで注意したいこと

残価=買取金額は、あくまで見込みであり
実際の買い取り額とは異なる場合を想定しておく必要があります。

 

  • 残価設定条件を逸脱するリスクがある

月間走行距離や自己修理歴など、既定の条件にそぐわない場合はペナルティとして追加の金額を支払わなければならないケースがあります。買取額が保証してあっても、それはあくまで万全の状態を想定してあることを踏まえておかねばなりません。最終回にとんでもない金額を請求されるという可能性があるということです。

  • ローンの利子は高め

通常のローンよりも金利が安くなりそうなイメージがありますが、元の車両金額に対しての金利がつくため、実際の金利は安くはありません。支払い金額は少額になりますが、ローンの金利自体は通常のものよりもずっと高くなる傾向があります。

  • 他のローンを組めないことがある

本来購入できないような高額な車を購入する場合だと、信用度が低下して他のローンは組めなくなる可能性が考えられます。

【結論】

  • 将来の残価(クルマの価値)に保証はない
  • トータルコストがほぼ間違いなく高くなる
残クレは、基本おすすめできません!

 

銀行やインターネットで申し込める低金利カーローンをお勧めします。
金利のめやすとしては、3%未満です。

 

 

 

 

ミニバン,残クレ