トヨタ ノア

ノア

トヨタ,ミニバン,比較,ノア

価格 224.2万円 〜286.9万円
排気量 1,986cc
カタログ燃費 14.0 〜 16.0km/l ハイブリッドはこちら
定員 7 〜 8 人
スライドドア リア両側 運転席側は電動(デュアルパワースライドドア)か手動かを選択可能
新車の最新価格 ネットでのカンタン新車見積はこちらから
メーカーサイト http://toyota.jp/noah/
ノアに安く乗り換えるために 10万円お得になる裏技とは
中古車で探す 中古ミニバンがなかなか見つからない時は

ノアのフルモデルチェンジ

ノア、ヴォクシーは、2014年1月にフルモデルチェンジされました。最初に発売されたのはガソリンエンジンモデルで、先代と同じエンジンでありながらパワーを犠牲にしながらも燃費を向上させたエンジンを搭載し、デザインは先代モデルを受け継いだ形のミニバンらしいスタイルとなって登場しました。

 

フロントフェイスは先代のファミリーカーらしいデザインを保ちながらも、若干押し出し感のあるものとなりました。先代の時はあまりにも大人しいというか、ファミリーカー成りとしていたために買うことをためらう方もいたそうですが、この堂々としたファミリーカーらしからぬスタイルであれば、問題なくノアをチョイスすることができるでしょう。

 

ノアのグレード

新しいノアのグレードは、話題のハイブリッドモデルを筆頭に6種類あり、更に定員の違いによって2種類に分かれています。
ベースモデルとなるのが「X」グレードで、それに装備を足したり引いたりすることによってグレードを構成しています。「X」グレードの装備を簡略化した低価格モデルが「X Vパッケージ」、15インチアルミホイールやフォグランプ、本革巻きステアリングホイールなど標準的な装備を持ったのが「G」、更に16インチアルミホイールやフロントバンパーなどの専用外装パーツなど施したものが、ドレスアップモデルの「Si」という形になっています。

 

定員に関しては7人乗りと8人乗りがあり、ハイブリッドモデルとガソリンエンジンモデルの「Si」は7人乗りだけ、それ以外は8人乗りも選べるようになっています。駆動方式はFFのほかに生活4WDタイプの4WDを選ぶことができます。
7人乗りと8人乗りの違いは他の車種同様にセカンドシートをキャプテンシートにするか、ベンチシートにするかによって作られるもので、それ以外の違いはありません。ただ、7人乗りのキャプテンシートは、基本的には座るだけの機能しかなく、畳んだり、前に倒したりすることができないので、ミニバンでは意外と使うことがあるサードシートを畳んで大きなラゲッジスペースを確保するという点では、8人乗りのものにはかないません。8人乗りものでも、完全にセカンドシートを畳むことはできず、座面を上げてその分、前にスライドさせるというものですので、7人乗りのものよりは若干広く取れますが、ライバルのセレナのほうが積載能力は高いようです。
従って、比較的荷物が多くなる小さな子供がいるファミリーにはどちらかというと8人乗りのほうが向いており、7人乗りは小さな子供がいないファミリー(小さな子供がいないのに中型ミニバンを選ぶということ自体がちょっと違いますが・・・)に向いているという事になるでしょう。

 

ガソリンエンジンモデルも先代モデルと同じ2リッターの3ZR-FAE型エンジンを搭載しますが、パワーを抑えることによって燃費を向上させ、16.0km/LというライバルのセレナS-HYBRIDに迫る燃費をエンジン車で発揮するようになり、こちらも燃費的には優れたものとなっています。

 

ノア Siグレードの特徴

最近ミニバンという車種の中での1つの流行となっている「押し出し感」を持たせたデザインをとり、ドレスアップグレードである「Si」に至っては、ヴォクシーとあまり変わらない様な迫力を感じるようになりました。事実上、ノアとヴォクシーの差が少なくなったというのが、今回のフルモデルチェンジにおける1つの特徴となるでしょう。

 

新型ノアには先代同様に専用外装パーツを使って作られたドレスアップグレード、「Si」があります。メーカーでは「エアログレード」などと聞こえのいい呼び方を使っていますが、そもそもミニバンのボディにおいて空力特性やら整流効果などほとんど意味がなく、つけられている外装パーツもほとんど効果がないことからも、ドレスアップパーツという認識をしたほうがいいと思います。

 

標準モデルとの違いは、16インチアルミホイール、フロントバンパー、フロントグリル、ヘッドライト、リヤバンパー、サイドパネル、ルーフスポイラーなどの外装パーツと専用シート生地、ボディカラー、インテリアカラーなどで、それ以外の装備面は標準モデルの「G」グレードと同じものが搭載されています。ただ、マルチインフォメーションディスプレイは3.5インチのモノクロ、内蔵スピーカーも4スピーカーとなり、それは「X」グレードと同じものとなります。
残念ながらこのモデルはガソリンエンジンモデルだけの設定となっており、ハイブリッドモデルには今のところ用意はされていません。燃費で選ぶか、スタイルで選ぶか、がノアを買う時に悩まされることとなります。

 

ノアのセカンドシートに注目!

ノアのインテリアで一番驚いたのがセカンドシートのスライドです。
ライバルのセレナも当時はセカンドシートのスライド量が多く、サードシートを畳んでセカンドシートを一番後ろまで下げれば、ファミリーカーでもリムジン感覚で座れることができるなどといわれていましたが、トヨタのリサーチ能力が高いのか、今回のノアではそれを上回るスライド量を確保しました。特にキャプテンシートを持つ7人乗りでは、セカンドシートを一番後ろまで下げるときはサードシートを畳まないとぶつかってしまうところまでスライドすることができ、サードシートを畳んでセカンドシートを一番後ろまで下げれば、リムジンの様な4人乗りが出来上がります。トヨタにはこういったリムジン的な使い方ができる車に、エスティマがあります。エスティマはサードシートが完全に畳み込むことができるため、サードシートの存在を消し去ることができ、まさしくリムジン仕様とすることができます。さすがに跳ね上げ式のサードシートを持つノアはそこまでできませんが、それでもここまでスライド量が豊富にあるという事は、エスティマの影響を強く受けたのではないでしょうか。これなら、先代モデルにあった5人乗りモデルは必要なさそうです。

 

ノアとヴォクシーの違いは

今回も先代同様に兄弟車としてヴォクシーが作られています。車そのものは全く同じで、コストがあまりかからない外装パーツなどで差別化をしている車です。しかし、その違いがあまりにもありすぎて、ユーザーを選ぶ形となり結局のところ選びきれずに日産のセレナに流れし言ってしまうという事になってしまったのです。今回はその反省の意味も含めたのか、ノアにあまりファミリーカー的要素を強く出さないようにしたようです。派手なデザインとしたヴォクシーと比べると大人しくなってはいますが、先代モデルのようにそれなりに年齢がいったお父さんが乗るような車ではなくなりました。

ヴォクシー

ノア VS ヴォクシー

この車はライバルといっていいのかわかりませんが、人間でも兄弟をライバルとすることがあるようにノアに関しても兄弟車であるヴォクシーが良いライバルとすることができると思います。買う側からすれば同じ車で外見だけちょっと違うというのも1つの魅力として映ることがあり、実際に公道を走る様になった時に、隣にならんだヴォクシーとの違いに喜びを感じるというものがあるようです。
そういった考え方で両車を比べてみると、ノアはどちらかというと完全なファミリーカー、ヴォクシーは少しお父さんの意見が通ったファミリーカーとどちらもファミリーカーという事では同じなのですが、運転するお父さんからすればヴォクシーのほうが優位に立つようです。
デザイン的にもヴォクシーのほうが男ウケするようになっており、いかにも「家族のためだけにこの車を選んだのではないんだぞ」といわんばかりの車となっているので、ノアオーナーのように「家族の意見が絶対」という考え方を持っているというものよりも、気分的にはいいかもしれません。ただ中身は一緒ですし、性能面も全く同じ、更に今回のフルモデルチェンジではノアとヴォクシーの距離が縮まっているので、どちらを選んでも変わりはないと思われます。


ノアのライバル比較

セレナ

ノア VS セレナ

ノアのライバルといえば誰もが思い浮かべるのが、日産のセレナでしょう。
セレナが簡易型ながらもS-HYBRIDというハイブリッドシステムを搭載してからは、ノアやその兄弟車であるヴォクシーはよく泣かされていました。今まで中型ミニバンクラスでハイブリッドカーといったらセレナしかなく、それほど高い燃費性能を持つ車ではありませんでしたが、それでも一般ユーザーは「ハイブリッド」という言葉に弱く、中型ミニバンを買おうとするほとんど方がセレナを買うという現象が起きていました。

 

しかし、トヨタのノアがプリウスと同じTHS-IIを搭載して登場したため、今までの様な形にはなりません。なんといっても本格的なハイブリッドシステムを搭載しているので、簡易型ハイブリッドシステムでは太刀打ちできません。セレナもマイナーチェンジという形でノアやヴォクシーに対抗していますが、あくまでもマイナーチェンジでエクステリアを少し変えた程度で、到底フルモデルチェンジのノアやヴォクシーには及びません。2014年の売上高ではノアとセレナは拮抗していて、性能が同じヴォクシーには大きく引き離された形となりました。
ただ、長い目で見ればセレナも数年後にはフルモデルチェンジを迎え、間違いなくS-HYBIRDではない高性能ハイブリッドシステムを搭載してくるはずなので、その時にどうなるかはわかりません。しかし、現在ではノア、ヴォクシーが中型ミニバンの中で一番燃費がいい車として存在していることには間違いありません。


ステップワゴン

ノア VS ステップワゴン

ノアと比較される車で、日産のセレナの次に挙げられるのがホンダのステップワゴンです。
ダウンサイジングしたターボエンジンと、背面の扉が横にも開く「わくわくゲート」など、今までのミニバンに全くなかったタイプの特徴が備わりました。

 

燃費性能で比較すればハイブリッドのノアに軍配が上がりますが、ターボの走りや荷物や子供の取り回しなどを考えればステップワゴンということになりそうです。インテリアは好みが分かれると思いますが、2015年で見てみるとステップワゴンはノアやヴォクシーを凌ぐ人気のようです。


プレマシー

ノア VS プレマシー

ノアはそれなりの人数のいるファミリー向けに作られた車ですが、中にはファミリーカーを夫婦だけや子供が一人しかいない家族の車として購入する方もいます。今や「とりあえずミニバン」的な考え方が蔓延しており、どんな車を買おうかと悩んでいる方のほとんどがミニバン、それも経済的にもサイズ的に扱いやすい中型ミニバンを購入する方が多くなっています。たぶん広い車でのんびりくつろぎたいという気持ちがあるかと思いますが、8人や7人乗りの車に2人や3人乗るというのもかなり無駄なような気がします。そういう方にはマツダのプレマシーの様な、ハイルーフではないが低ルーフでもないミニバンを選ぶという選択肢もあります。

 

プレマシーはノアと同じ2リッタークラスのエンジンを搭載する中型ミニバンで、SKYACTIVテクノロジーを採用しているのでガソリンエンジンながら16.2km/Lという燃費性能を持っています。さすがにノアのハイブリッドモデルと比べると低い数値ではありますが、燃費ばかりが車ではありません。2、3人であれば、何もハイルーフミニバンでなくてもいいわけですし、乗用車感覚で乗ることができるというのもプレマシーのいいところです。もう一度自分の家族構成や乗る人間の数を考えてから車を選びなおすことも重要ではないでしょうか。


トヨタ,ミニバン,比較,ノア

ノア VS エクシーガ

ミニバンという車は万能性があるという事が一番の特徴となっているのですが、ある1つの使い方だけしか使わないというのであれば車選びも再考の余地があると思います。
家族の人数も少なく、あまり乗る人数が多くない、休みの日に時々アウトドアスポーツなどのレジャーに出かけるといった使い方をするのであれば、何もノアでなければいけないということはありません。逆にノアではかなりもてあますことになると思いますので、そういった方にちょうどいいのがスバルのエクシーガではないかと思います。

 

エクシーガはステーションワゴンに3列シートを押し込んだような車で、はっきり言ってキャビンはそれほど広くありません。しかし少人数で使い、たまに荷物を積むことがあるというのであれば、十分ではないかと思います。普段はサードシートを畳んでステーションワゴンとして使い、たまに人数が増えた時には7人乗りミニバンとして使う、こんな形で使っても全く問題がないように思えます。大は小を兼ねるなんて言いますが、車に関しては大きければなんでも大丈夫というものではなく、ジャストフィットしたものを選ぶのが後悔しない車選びだと思います。


ミニバン,購入,損をする

トヨタ,ミニバン,比較,ノア

そろそろ新しいミニバンに買い換えたくなったら・・・
どんなミニバンでも値引きできてしまう、お得な方法があることを知っていますか?
裏ワザでも何でもありません。ほんの少しの違いだけです!

ミニバンの購入手順

  1. 主な用途と乗員数を限定します。
  2. 例: 4人乗り、買い物メイン、時々6人乗り
     ⇒ コンパクトミニバン(ハイブリッド含む)
  3. 欲しいミニバンを明確にします。
  4. ライバルとなるミニバンをチェックします。
  5. 愛車の査定額をチェックします。
たった1つのことを知らないだけで●●万円は損をするかも!

トヨタ,ミニバン,比較,ノア


トヨタ ノア関連ページ

トヨタ シエンタ
トヨタのシエンタは、コンパクトな1.5リッターの車体に7人乗りを実現した小さなミニバンです。愛らしいスタイルで女性に好まれる作りになっていますが、キリッとしたダイスも登場しました。
ウィッシュ
トヨタのウィッシュは、5ナンバーサイズの3列シートをもつ小型ミニバンです。スタイリッシュでスポーティーなフォルムが特徴です。
アイシス
トヨタのアイシスは、助手席のドアがセンターピラーごと開き、リヤドアと同時に開くと大開口の乗降スペースが出現するパノラマオープンドアが特徴のミニバンです。
ヴォクシー
ヴォクシーは、5ナンバーミニバンの中でも安定した人気を維持し続けている、トヨタのベストセラーミニバンです。ノアとヴォクシーは兄弟分になります。
エスティマ
トヨタのエスティマはスタイリッシュな丸みのあるフォルム、セカンドシートが独立した2人掛けの7人乗りと、6:4分割可倒式の3人掛けを採用する8人乗りを選べるミニバンです。
マークXジオ
トヨタのマークXジオは、ホンダのオデッセイ当たりのミニバンがライバルとなる、Lクラスとしては燃費の良い独特の存在感を持った車です。
ヴェルファイア
圧倒的な存在感と広々とした空間を併せ持つのがトヨタのミニバンの頂点に君臨するヴェルファイアです。アルファードとは中身は同じで見た目のみが違う兄弟車です。ハイブリッドカーもあります。
アルファード
圧倒的な存在感と広々とした空間を併せ持つのがトヨタのミニバンの頂点に君臨するアルファードです。ヴェルファイアとは中身は同じで見た目のみが違う兄弟車です。ハイブリッドカーもあります。