三菱 デリカD:3

デリカD:3

マツダ,ミニバン,比較,デリカD:3

日産自動車のNV200バネットをベースとするOEM車です。

価格 187.9万円 〜197.4万円
排気量 1,597cc
カタログ燃費 13.2km/l
定員 5 〜7人
スライドドア リア両側手動
新車の最新価格 ネットでのカンタン新車見積はこちらから
メーカーサイト http://www.mitsubishi-motors.co.jp/delica_d3/
より安く乗り換えるために 愛車の最高買取額を調べる

シエンタ

デリカD:3 VS シエンタ

日本のミニバンは中型から大型といわれるクラスのものが中心的なものとなっていますが、小型ミニバンというクラスも意外と需要が大きく、自動車メーカー側もあまり軽視できないものとなっています。
デリカD:3は、全長、全幅の寸法はセレナやデリカD:5などと比べるとはるかに小さいものを持っていますが、商用バンベースらしい高い全高を持っていることから、見た目的には非常に大きな車に見えてしまいます。
トヨタの小型ミニバンであるシエンタと比べても、全長こそ約30ミリほどシエンタのほうが短くなってはいますが、高い全高が醸し出す存在感から違うクラスの車として見えてしまいます。
しかし、エンジンの排気量や使い方などを考えれば同じクラスの車として考える必要性があります。

 

両車を比べるうえで重要なことは、それはその車に人を乗せることが多いのか、荷物をたくさん載せることが多いのかです。
デリカD:3はバンがベースとなっているミニバンですので、基本的には積載能力を向上させるような作りがされています。
対してシエンタは最初から小型ミニバンとして作られているので、メインは人間で積載能力はそれほど備わっていません。
よって、ファミリーカーとして使うのであればシエンタを、アウトドアスポーツやレジャーなどに使うのであればデリカD:3を選んだ方が、後々後悔しないのではと思われます。


フリード

デリカD:3 VS フリード

小型ミニバンの大人気車といえばホンダのフリードでしょう。
小さなボディに目いっぱいまで広げられたキャビン、優れた動力性能のあるエンジンに、燃費に貢献するハイブリッドモデルなど、これらのメリットを見てみれば人気となるのもわかる気がします。
対してデリカD:3は商用バンベースのミニバンなので、基本的には乗用車的な設計はされていません。
昔ながらのワンボックスバンをワンボックスワゴンに改良したというった感が強い車で、この車専用の技術や特別な装備が与えられているといったものではないので、はっきり言ってフリードにはかないません。
しかし、車を出先でスポーツやレジャーを楽しんだりというSUV的な考え方で使うのであれば、逆に人間重視のフリードよりも、たくさん荷物がつめるデリカD:3のほうが便利に使えるのではないでしょうか。
小型ミニバンだからといってすべての小型ミニバンが家族を運搬するというトランスポーターという方向性を持っているのではなく、デリカD:3の様に特別な使い方をする場合にメリットが生まれるというミニバンもあるのです。

 


フリードスパイク

デリカD:3 VS フリード・スパイク

これから購入する車を、家族5人でのレジャー中心に使おうと考えているのであれば、何もミニバンいこだわる必要はないと思います。
デリカD:3は、ミニバンといってもどちらかといえば荷物の多いときに最大限の能力を発揮するような車ですので、人間中心に考えるとあまりメリットがないような車です。
それならば、ミニバンという枠にとらわれることなく、ワゴンやステーションワゴンという選択肢もありなのではないでしょうか。
その点、ホンダのフリード・スパイクは、ミニバンであるフリードと同じボディを使ったワゴン車なのでキャビン内の広さはお墨付き、更にデリカD:3と同じように広いラゲッジスペースを確保することができるので、荷物が多くても十分対応可能な車となっています。
こちらなら、ホンダのハイブリッドシステムであるIMAを搭載したハイブリッドモデルもあるので燃費を気にする方にも安心して購入できるかもしれません。
ただ、絶対的なラゲッジスペースの広さは全高が高いデリカD:3のほうが優位性があるので、載せることの多い荷物の大きさ、量にあわせて考えると良いでしょう。

 


デリカD:3 VS NV200バネット

三菱のミニバンシリーズの中間的な存在となっているのが、デリカD:3です。
この車は1600ccエンジンを搭載したミニバンで、車格の割には積載能力が優れているのが大きなメリットとなっていますが、それもそのはずこの車は、日産の商用バンベースであるNV200・ワゴンのOEM車なのです。
面白いのは、その車の扱い方で、日産ではNV200バネット・ワゴンをその名の通りワゴン車として扱っているのに対して三菱では3列シートを持っていることからミニバンという扱いをしているのです。
ミニバンも多いな括りで考えるとワゴン車の1つとして考えることができるので、無理はないのですが、同じ車でラインナップされるジャンルが違うというの面白いものです。
三菱には小型ミニバンクラスの車がなかったことから都合がよかったのでしょう。
従って、デリカD:3とNV200バネット・ワゴンは全く同じ車で、エンブレム以外は変わりはないということになりますので、自動車メーカーの好みやディーラーとの付き合いなどからどちらにするか決まることになるでしょう。

デリカD:3 VS プロボックス・ワゴン

デリカD:3はミニバンでありながら、元を正せば商用バンから作られたワゴン車です。その点で考えるのであれば、トヨタが商用ライトバンとして製造しているプロボックスのワゴンバージョンはどうでしょうか。この車はワゴンといっても、他のステーションワゴンの様な上質なインテリアを持つものではなく、商用バンであるプロボックスバンのものに少し手を加えた程度のもので、取り立てて特徴のあるものではありませんが、ラゲッジスペースやセカンドシートを倒すことによって確保することができる大きなフロアはワゴンと扱ってもとても大きなメリットとなります。

 

デリカD:3も同じようなメリットを持っている車ですが、やはりボディの大きさが違うことからくるキャビンの広さや積載能力の違いは考えるところです。
両車とも商用車ベースのワゴン、ミニバンですが、ライトバンベースとワンボックスバンベースというベース車両の違いが大きいと思います。従って、こじんまりと使うならプロボックス・ワゴン、広いキャビンが欲しいいならデリカD:3ということになりそうです。

 

 

ミニバン,購入,損をする

マツダ,ミニバン,比較,デリカD:3

そろそろ新しいミニバンに買い換えたくなったら・・・
どんなミニバンでも値引きできてしまう、お得な方法があることを知っていますか?
裏ワザでも何でもありません。ほんの少しの違いだけです!

ミニバンの購入手順

  1. 主な用途と乗員数を限定します。
  2. 例: 4人乗り、買い物メイン、時々6人乗り
     ⇒ コンパクトミニバン(ハイブリッド含む)
  3. 欲しいミニバンを明確にします。
  4. ライバルとなるミニバンをチェックします。
  5. 愛車の査定額をチェックします。
たった1つのことを知らないだけで●●万円は損をするかも!

マツダ,ミニバン,比較,デリカD:3


三菱 デリカD:3関連ページ

デリカD:5
三菱のミニバンの情報を集めて特徴を比較しました。