マツダ プレマシー

プレマシー

マツダ,ミニバン,比較,プレマシー

価格 179.9万円 〜235.2万円
排気量 1,998cc
カタログ燃費 11.2 〜 16.2km/l
定員 7人
スライドドア リア両側 運転席側は電動か手動かを選択可能
新車の最新価格 ネットでのカンタン新車見積はこちらから
メーカーサイト http://www.premacy.mazda.co.jp/
より安く乗り換えるために 愛車の最高買取額を調べる

ラフェスタ

プレマシー VS ラフェスタ・ハイウェイスター

プレマシーの最大のライバルといえば日産のラフェスタ・ハイウェイスターでしょう。
ラフェスタ・ハイウェイスターは、プレマシーのOEM車ですので、何から何まで同じ造りとなっているのは当然といっては当然ですが、日産は他社からOEM供給された車を自社なりに大幅な手直しをすることが多いので、他のOEM車の様な全く同じというわけではありません。

 

大きく違うのがフロント周りとリヤ周り、そしてマツダのお家芸ともいえるサイドのプレスラインを使ったデザインをうまく隠しているのも見逃せない点です。従って走行性能や燃費性能などで選ぶということではなく、プレマシー本来のデザインがいいか、日産が手直ししたものがいいかということになります。
特にドアパネルにあるマツダのいうところのNAGAREラインは賛否両論で、好き嫌いがはっきりと分かれるところですので、デザイン的なものとすればそのあたりがポイントとなりそうです。
あとは、マツダの顔ともいえる人間が大きな口を開けて笑っているようなフロントグリルのデザインがラフェスタ・ハイウェイスターでは、セレナに通ずるような標準的なものに変えられているので、無難なデザインをよしとするならばラフェスタ・ハイウェイスターのほうがよいかと思われます。


ウィッシュ

プレマシー VS ウィッシュ

プレマシーを比較的全高の低いミニバンとして考えるのであれば、トヨタのウィッシュも似たようなデザインを持っています。
ウィッシュのほうが約150ミリも全高が低く、一見ステーションワゴンと見間違えるくらいものを持っていますが、どちらも6人ないし7人の定員を持つミニバンとなっています。
プレマシーのメリットはマツダのSKYACTIVテクノロジーを採用した低燃費性能で、エンジンからトランスミッション、アイドリングストップに至るまで、ガソリンエンジンだけで低燃費性能を向上させる技術がたくさんつけらえています。

 

対してウィッシュは、同クラスの他の車との流用性を考えて、燃費対策としての装備があまりつけられていないことからそれほど優れた燃費性能をもっている車ではありません。従って、燃費を気にする方にとってはウィッシュよりもプレマシーのほうがメリットがあるということになるでしょう。
ウィッシュのメリットは、スポーティーな雰囲気を持つことで、実際の走行性能や動力性能はそれほど目立ったものはありませんが、これも販売戦略のなせる技かイメージだけはスポーティーさを持っているです。
本当はスポーツモデルが欲しかったのだけど家族の要望でやむなくミニバンになったという方ならばウィッシュは良い車となるのではないでしょうか。


ストリーム

プレマシー VS ストリーム

ホンダのストリームは、トヨタのウィッシュと同様に中型低ルーフミニバンとして非常に人気にある車です。
車の大きさ的にはプレマシーと比べると小さいものとなってしまいますが、低床低重心コンセプトがもたらす室内の広さは特筆すべきところだと思います。
プレマシーは最初から3ナンバー車として開発されているので、キャビンが広くて当たり前なのですが、ストリームは5ナンバー枠に収まるように作られている車ですので、それでいて感覚的にプレマシーとあまり変わらない居住性は、良く作られているといってもよいでしょう。
あと、4ドアセダンやスポーツモデルから初めてミニバンといった車に乗り換える方にもストリームは向いているといってもよいでしょう。
後ろに乗っている人間にとって、ミニバンに乗り換えるということは室内が広くなって良いことづくめなのですが、ドライバーにとっては大きく変わる車の挙動に不安感や不信感を覚えることがあります。
特にコーナーリング性能は月とすっぽんで、全く別の次元です。
このような場合でもストリームは乗用車感覚で運転することができるので、今までの車のように運転することができるのではないでしょうか。


MPV

プレマシー VS MPV

マツダのミニバンとして売られているプレマシーですが、同じような車格の車として同じマツダからMPVという車があります。
MPVは、プレマシーより300cc大きな2.3リッターエンジンを搭載したミニバンとしてラインナップされていますが、MPVは単なるミニバンとしてではなく、SUVとしての性能も持ち合わせているのです。
マツダには他にクロスオーバーSUVとして、CX-5という車があります。
MPVはちょうどこのCX-5とプレマシーを足して2で割ったような車で、ミニバンの余裕のある居住性能とSUVの悪路走破性を両方持った車なのです。
しかも、CX-5でもモノコックボディを使ったクロスオーバーSUVとなっているのにもかかわらず、MPVはSUVが本来持ち合わせていなければならないラダーフレームをベースとして作られたフレームを使っているのです。
このフレームの強靭さは、走行性能に直結するものとなっており、そこらへんに走っているミニバンとは走行性能が全く違うのです。
まさに走るためのミニバンといってもよく、この車を選ぶ方のほとんどがその走行性能に惹かれているといって過言ではありません。


プレマシー VS アベンシス

プレマシーのボディ形状や使い方などを考えると、ちょっと大きめのステーションワゴンを選ぶという選択肢も考えてもよいのではないでしょうか。
その点、トヨタのアベンシスは2リッターという同じ排気量のエンジンを搭載していますし、何よりもヨーロッパ風にデザインがされていることもプレマシーに近い存在となると思います。
アベンシスは、2列シートを持つステーションワゴンとして販売されていますが、プレマシーのサードシートを常に畳んだ状態で使うことが多いという方であれば、何も3列シートのプレマシーでなくても使い勝手やラゲッジスペースの容量などが優れているステーションワゴンのアベンシスでも十分対応できると思います。
更にいくら走行性能が優れているといってもプレマシーはファミリーカーのミニバンですので、運転を楽しむような走りは無理とまではいいませんが、向いてはいませんのでそういった点でもアベンシスに優位性があります。
ただ、かなりルーフが低いので、車内で頻繁移動することが多い、小さな子供がいるファミリーには向きません。
現在の風潮でファミリーはミニバンという流れが強い中、ステーションワゴンがファミリー層にあまり浸透していないのですが、こういった考え方をすれば、安易にミニバンを購入することもないかと思われます。

ミニバン,購入,損をする

マツダ,ミニバン,比較,プレマシー

そろそろ新しいミニバンに買い換えたくなったら・・・
どんなミニバンでも値引きできてしまう、お得な方法があることを知っていますか?
裏ワザでも何でもありません。ほんの少しの違いだけです!

ミニバンの購入手順

  1. 主な用途と乗員数を限定します。
  2. 例: 4人乗り、買い物メイン、時々6人乗り
     ⇒ コンパクトミニバン(ハイブリッド含む)
  3. 欲しいミニバンを明確にします。
  4. ライバルとなるミニバンをチェックします。
  5. 愛車の査定額をチェックします。
たった1つのことを知らないだけで●●万円は損をするかも!

マツダ,ミニバン,比較,プレマシー


マツダ プレマシー関連ページ

ビアンテ
マツダのビアンテは、ミニバンらしからぬコーナリングや安定感のよさで風にあおられることがありません。転席からの視界が広くドライブが楽しくなるミニバンです。
MPV
マツダのMPVは、日本初の本格的ミニバンとして知られています。現行の3代目モデルは走りと低重心化が進化してハンドリングの軽快感、静粛性、ショックの少ないしなやかさなど同乗者にも安心の乗り心地です。