子育てミニバン

子供が2人以上できたらミニバンの購入時期

子育てミニバン

最初の子供が生まれても、3人家族までなら奥さんと子供を後部座席に乗せることで普通車でも事足りますが、子供が2人以上になるとかなり手狭です。チャイルドシートが2つ必要になる時点で、ミニバンをと考える人が多くなります。
そこで、子育てミニバンを選ぶポイントをピックアップしておすすめのミニバンをいくつか選んでみました。

 

子育てミニバンであると便利な機能

オートスライドドア

いわゆる、電動式のスライドドアです。通常の手動式スライドドアでもいいのですが、電動だとより安全です。
片側だけ電動にするという選択肢もありますが、重さの左右バランスが悪くなるという欠点があります。
デメリットとして、オートスライドドアは手動式よりも重量があり燃費が悪くなります。

 

キャプテンシート

キャプテンシート

子供が2人いるとするなら、キャプテンシートが便利です。
キャプテンシートとは、ミニバンの2列目に独立したシートが2つセッティングされているシートです。
通常はベンチシートといって長椅子タイプになりますが、ココに子供を2名と大人が載るのは無理があります。
キャプテンシートにチャイルドシートを備え付け、お母さんが2or3列シートにというのが機能的でしょう。
キャプテンシートの場合は、ほぼ3列目にウォークスルーできるというのがメリットになります。
子供が少し大きくなれば3列目に子供、お母さんが2列目でもOKです。

 

リアエアコン

特に寒冷地の場合は考えておきたいのが、後部座席専用のエアコンです。
3列目には必要ないという認識もあるかもしれませんが、3列目に乗るお母さんを考えると冬場にあると快適です。おむつ替えなど、手がかじかんでしまうようなら在る方が良いですね。


子育てミニバンのおすすめは

子育てミニバン

子育てミニバンとしておすすめするのは、8人乗りではなく7人乗りです。
多人数乗るというのではなく、助手席に乗らないお母さんが機能的に動けるかどうかが重要になります。
また、お父さんがいない時には運転席側のスライドドアが必須になるでしょう。
助手席にチャイルドシートを載せる人が今でもいますが、これは絶対に止めなくてはなりません。

 

子育てミニバン人気のトップ3

子育てミニバンとして欠かせないのは、室内空間の広さとコストパフォーマンスだと思っています。
ですから、ミドルクラスミニバンで燃費が良く、子育て仕様につくられているミニバンが選択肢になります。
燃費だけで考えれば、セレナS-ハイブリッドとステップワゴンがほぼ同等です。
居住性重視ならセレナ、走行性重視ならステップワゴンとなりますが、燃費ならヴォクシーとノアのハイブリッドです。

ミニバンを賢く買うコツはこちら

 

日産 セレナ

人気のファミリー向けミニバン、3列目の居住性はピカイチです。

 

ホンダ ステップワゴン

ミニバンの中では抜群の走行性で安定しており安心度1です。

 

トヨタ ヴォクシー or ノア

ノアとヴォクシーは内装も含め機能的には全く同じ車ですので、見た目だけが異なります。